加速する Domino のクラウド化 - IBM Domino Applications on Cloud の発表と取るベき対応

Notes/Domino Day 2017 が過日 9 月 19 日に開催され、新たに「IBM Domino Applications on Cloud」が発表になりました。今年 10 月のサービス提供開始となります。このサービスはこれまで対応していなかったユーザーのカスタムアプリケーションのホスティングを IBM が行うもので、メッセージングなどのクラウド化とオンプレミスの Domino 業務アプリというハイブリッド環境を完全にクラウド化できる選択しとして、あるいはユーザーのオンプレミスでの運用負荷を軽減するものとして注目に値するサービスとなっています。

DAC.png

今のところわかっているこのサービスの概要は以下のとおり。

  • 最小アプリケーション数:10 NSF
  • 最小契約期間:1 年
  • 月単位の課金
  • BYOL (Bring Your Own License)
  • データベースサイズ:25GB未満
  • Notes、Web、ICAA それぞれからの利用が可能
  • データのバックアップ及びリスト
  • 専用サーバーとして利用可
  • Domino サーバーのアップグレード
  • 利用状況などの月次レポートの提供

サーバー運用に積極的に IBM が関与してくれることで、従来からあホスティングサービスにあるような、いわゆる「塩漬け」状態で運用し参照するだけが目的のデータベースアーカイブを置いておく場所としてはもったいないと感じます。

このサービスを利用するにあたっては、まだ現時点では提供価格が正式にアナウンスされていませんが、現在オンプレミスで稼働しているすべてのアプリケーションデータベースを IBM Domino Applications on Cloud にそっくりそのまま移行するのはコスト面から考えて妥当とは思えません。省略できるサーバー運用管理を帳消しにするだけでなく、コスト増を招く恐れもあるため、データベースの棚卸しをしっかり行い、利用の状況な業務上の重要性をしっかりと判断の中に加えた選定を行うことが必要と思われます。

将来をにらみデータベースの棚卸しが最優先課題

直近にせよ、数年後に達成したいというクラウド化の計画があったり、ちらついている場合には今すべきことはデータベースの棚卸しではないでしょうか?オンプレミスでは「ひとつやふたつデータベースが増えても」と楽観視できていた状況とは違います。何が必要でなにが必要でないか?あるいは複数のナレッジベースをひとつに纏められないか?その利用状況は現在どうなのかといった答えを導き出す必要があります。

チームスタジオでは「Teamstudio Adviser」を提供しデータベースアプリケーションのアクセス権、利用状況、データベースの複雑さ、ビジネスバリューといった指針をもとにどのデータベースをクラウドに移行すべきかをガイダンスとしてその答えをみなさんに提示します。