check-analyzer.png

複製を一覧で表示

replicationEZは、他のYtria製品と同様にデータを収集し、表示するところから始まります。 まずは、複数サーバーを確認できるメイン グリッドのユーザーインターフェースを使って、レプリカとその一般プロパティを分析できます。同じレプリカIDを保有するデー タベースは、同じ行に整列して表示、調査対象のサーバーを上位の列に表示するなどの見やすさも工夫されています。また、 あるプロパティごとにグルーピングすることで、有意義な情報を一瞬で洗い出します。 

check-analyzer.png

複数サーバーの複製履歴にアクセス

複数サーバー間の同一データベース・レプリカを調査する一方、どのデータベースと、どのデータベースがいつどのように複製されているかを一覧で見られたらいいのに、と思うことはありませんか? ご存知の方も多いと思いますが、複製履歴はそれぞれのデータベースの中に格納されています。複数サーバー間で発生する複製イベントから一つのデータベースに対して行なわれた複製の履歴を一覧でみるにはどうしたらよいでしょう?
replicationEZを利用すれば、選択したデータベース(複数も可)で、対象となるサーバー間で発生した複製の履歴を読み込み、一覧で表示、効率的に分析を行うことが可能です。

check-analyzer.png

すべてのレプリカの検索

「このデータベースはどこに複製されているの?」 「このデータベースのレプリカは他のサーバーも含めて全部でいくつあるのだろうか?」という疑問にも、replicationEZは有効です。ワークスペース上のデータベースアイコンを選択するか、ツールを開始する前にそのデータベースを開いておけば、そのデータベースだけの複製情報を見込むことができます。replicationEZを起動して、「レプリカの検索」を選択するだけ。指定したデータベースの複製履歴やすべてのレプリカを開いた履歴を見たり、関連するサーバーをグリッドに加えることもできます。また、最初に選択したデータベースがアクセスした、すべてのレプリカを「レプリカの検索」グリッドに全部表示することも可能です。

check-validator.png

複製の設定やACLを比較

データベース複製が、確実に、問題なく作動し、ACLの内容や設計が正しくデータベースに同期していることが重要です。replicationEZがあれば複数サーバー間のレプリカで比較することができます。これは、複製の運用を保証する上で不可欠な機能です。