煩わしく間違えやすい署名 ID の切り替えをすることなく署名作業が可能