加速する Domino のクラウド化 - IBM Domino Applications on Cloud の発表と取るベき対応

Notes/Domino Day 2017 が過日 9 月 19 日に開催され、新たに「IBM Domino Applications on Cloud」が発表になりました。今年 10 月のサービス提供開始となります。このサービスはこれまで対応していなかったユーザーのカスタムアプリケーションのホスティングを IBM が行うもので、メッセージングなどのクラウド化とオンプレミスの Domino 業務アプリというハイブリッド環境を完全にクラウド化できる選択しとして、あるいはユーザーのオンプレミスでの運用負荷を軽減するものとして注目に値するサービスとなっています。

DAC.png

今のところわかっているこのサービスの概要は以下のとおり。

  • 最小アプリケーション数:10 NSF
  • 最小契約期間:1 年
  • 月単位の課金
  • BYOL (Bring Your Own License)
  • データベースサイズ:25GB未満
  • Notes、Web、ICAA それぞれからの利用が可能
  • データのバックアップ及びリスト
  • 専用サーバーとして利用可
  • Domino サーバーのアップグレード
  • 利用状況などの月次レポートの提供

サーバー運用に積極的に IBM が関与してくれることで、従来からあホスティングサービスにあるような、いわゆる「塩漬け」状態で運用し参照するだけが目的のデータベースアーカイブを置いておく場所としてはもったいないと感じます。

このサービスを利用するにあたっては、まだ現時点では提供価格が正式にアナウンスされていませんが、現在オンプレミスで稼働しているすべてのアプリケーションデータベースを IBM Domino Applications on Cloud にそっくりそのまま移行するのはコスト面から考えて妥当とは思えません。省略できるサーバー運用管理を帳消しにするだけでなく、コスト増を招く恐れもあるため、データベースの棚卸しをしっかり行い、利用の状況な業務上の重要性をしっかりと判断の中に加えた選定を行うことが必要と思われます。

将来をにらみデータベースの棚卸しが最優先課題

直近にせよ、数年後に達成したいというクラウド化の計画があったり、ちらついている場合には今すべきことはデータベースの棚卸しではないでしょうか?オンプレミスでは「ひとつやふたつデータベースが増えても」と楽観視できていた状況とは違います。何が必要でなにが必要でないか?あるいは複数のナレッジベースをひとつに纏められないか?その利用状況は現在どうなのかといった答えを導き出す必要があります。

チームスタジオでは「Teamstudio Adviser」を提供しデータベースアプリケーションのアクセス権、利用状況、データベースの複雑さ、ビジネスバリューといった指針をもとにどのデータベースをクラウドに移行すべきかをガイダンスとしてその答えをみなさんに提示します。

IBM Domino Community Server for Non-Production の発表

IBM よりカスタムアプリケーションのテスト、開発用に無償で提供される Domino サーバーのオファリングが発表されました。今現在、すでにダウンロード可能になっています。詳細については次の発表をご覧ください。プレビュー: IBM Domino Community Server for Non-Production は、非実稼働環境でのアプリケーション・テストにおける非常に重い課題に対応します。 

また、IBM Domino Community Server for Non-Production はこちらの developerWorks のサイトからダウンロードいただけます。

 

IBM® Domino Community Server for Non-Production は、組織が非実稼働環境でアプリケーションをテストできるようにする無保証のライセンス・オプションです。このオファリングは、学生、開発者、ベンダー向けにそれぞれの IBM Dominoアプリケーションをテストする機能を提供します。

特に中小の Domino ユーザー企業のなかには、開発及びテスト用の Domino サーバーを建てるのがコスト面から難しいということから、本番環境で開発からテストまで行っているという企業も少くないのが現状です。では、このオファリングが私達にとってどんな貢献をしてくれるかを考えてみたいと思います。

企業内で Domino Community Server for Non-Production をどう使うか

今回の Domino Community Server for Non-Production はいままで独立した開発環境やテスト環境がなかった企業において、本番環境と明確な分離運用ができることにより本番サーバーの保全運用には朗報といえます。検討するに値するかどうかについて幾つかメリットと注意点がありますので簡単にまとめると、

  • Domino Utility サーバーであるため、ワークフローの開発、検証でよく使用されるメールを含む検証ができない点が注意点となります。メール配信のオートメーションがないアプリケーションか、メール配信の部分を他の本番環境に近いサーバー上でテストする必要が出てきそうです。
  • 技術的な観点から補足すれば、ローカル環境で Domino Designer を使用して例えば XPages 開発をする場合、Extension Library などのプラグイン・コンポーネントを使用してローカル環境で開発しようとしてもプラグインがロードされないため、検証ができないという問題もこの Domino Community Server for Non-Production を使用すれば解決できます。もし開発環境専用の Domino サーバーが建てられないという場合には XPages開発にはこのサーバーが必須といえます。
  • この Domino Community Server for Non-Production は本番環境とは切り離して利用するため、おそらくは異なるドメインとしてインストールするのが正当なやり方です。そして、カスタムアプリケーションのデータベース設計(NTF)のためのストレージには最適ではないかと考えています。

カスタムアプリケーションのストレージとしての Domino Community Server for Non-Production 利用

特にお勧めするのは、このサーバーをカスタムアプリケーションのストレージ専用サーバーとして建て、開発の最新版を常にここで管理しておく。常にアプリケーションの改修はここにあるテンプレートからスタートさせるという開発サーバーとしての利用です。これで、本番環境のデータベースに対する不要な開発者の「設計者」以上の権限を与える必要もなく本番環境がセキュアな状態で運用できることに大きく貢献できるのでないでしょうか。

開発サーバーからの本番環境へのスムーズな設計の反映

ドメインの異なるサーバーから設計をファイルシステムベースでコピーし、それを本番環境にあるデータベースに設計更新をかける作業が増えてしまうことが予想されます。

弊社では Build Manager というソリューションをご用意しており、このような分離された環境であってもボタン一つで開発サーバーから本番環境へのデータベース設計更新を行う自動化ソリューションを利用することも検討してみてはどうでしょうか?

 

9月19日に「IBM Notes/Domino Day 2017」開催決定

2017年9月19日(火)「IBM Notes/Domino Day 2017」の開催が発表されました。会場は東京の御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンターで午後からの半日イベントとして行われる予定です。IBM Notes/Domino の最新情報やお客様事例公演を軸とした基調講演に加えて、その後にNotes/Domino関連のセッションがふたつと、併催の「働き方改革コンファレンス」が3セッションが平行して行われるようです。詳細は次の URL より。

https://www-01.ibm.com/software/jp/events/social/notes_domino_day.html

参加費は無料、事前登録制となっています。

Adviser 6.2 をリリースしました

Adviser 6.2.0 を公開いたしましたので、ご案内申し上げます。このエディションでは、ワークステーションで実行されるスキャンのプロセスを Notesデータベースである Adviser ワークステーションをスタンドアロンの実行プログラムへと変更しました。 これによるメリットはワークステーションのインストールが非常に簡素化されただけではなく、より堅牢性とスケーラビリティが向上しました。もう少し詳しく説明すれば、Adviser サーバーである Domino サーバーが SSL 接続を必要としていてもサポートできるようになりました。このエディションの機能拡張および修正点は、 リリースノートを参照してください。

Adviser の製品開発においては常にお客様からのフィードバックと機能のリクエストを反映しつつ、より洗練された多くの機能に取り込むよう日々精進しております。今回のリリースのように、製品の完成度が向上しましたことは、ひとえにお客様のお陰であることは間違いありません。お客様ならびにコミュニティの皆さんのご経験に基づくフィードバックや素晴らしいアイデアを共有していただいたことを深く感謝しております。私達はすでに Adviser の次のバージョンに取り組んでおり、新しくてエキサイティングな機能強化を近い将来ご提供できるものと確信しております。

現在 、Adviser のサブスクリプションをご購入のお客様は インストール手順をよくお読みいただき、当社Webサイトから最新バージョンをダウンロードしてください。 また、Adviser をご購入いただいておらず、詳細をお知りになりたい方は是非、デモンストレーションをリクエストしてください。ご連絡をお待ちしております。

 

Teamstudio Adviser™の詳細はこちら

XPagesChannel トレーニングビデオ動画 Lesson 1 - 9 を公開

前回のブログでもご紹介いたしましたが、XPagesChannelトレーニングの動画レッスンを公開いたしました。現在のところ Lesson 1 - 9 まで公開作業が完了しています。

Lesson は 57 まであります。都度アップロードしていきますが、このようなお知らせはこれが最後です。いち早くアップロード動画をご覧いただくため、是非YouTubeアカウントの「XPagesChannel」のチャンネル登録をお願いします。

https://www.youtube.com/playlist?list=PLikp44dFTvmogGLGymUUtkyKQ_pl8Ktlb

このレッスンは無料でどなたでもご覧いただけます。このレッスンでは Domino Designer 8.5.2 の操作について学習します。
このレッスンでは、XPages 開発において XPage とカスタムコントールの役割を学習します。
このレッスンではノーツビューを XPage に表示するための基本テクニックを学習します。 ビューコントロールを使用して、簡単にビュー表示できることと、その他ビュー表示のオプションについて説明します。
商品フォームを表示する XPage を作成し、文書の修正、削除。加えて、文書の新規作成の基本機能をアプリケーションに追加していきます。
Lesson 4 からの続きで、XPage に文書の編集モードへの切り替えボタン、文書保存のボタン、削除のボタンを作成します。また、ビューに新規文書作成のボタンも作成し、アプリケーションの基本的な CRUD の実装を学習します。
妥当性検査は、ユーザーのインプットに対して、必須入力や決められた形式で入力させるためのチェック機能です。妥当性検査でエラーとなった項目に対するエラー表示させる方法も学習していきます。
XPagesにはAjaxを使用して入力時のタイプアヘッドとページの部分更新を実装できます。XPagesにシームレスに統合されています。このレッスンではAjaxのタイプアヘッドの使い方、ページ部分更新時のオプションなどを説明します。
サーバーサイドJavaScriptのグローバルオブジェクト、Dominoオブジェクト、XSPオブジェクト、@関数を取り上げます。
ページ上に表示したDominoビューに対して、情報の絞り込みを行う手法を学習します。

XPagesChannel ビデオトレーニング有償提供の終了とそのすべての動画の公開のお知らせ

2011 年からチームスタジオが提供してまいりました「XPagesChannel」ビデオトレーニングの提供を終了することになりました。

 

提供開始から約 130 名を超えるノーツ技術者の方に視聴いただいておりました。ありがたいことに複数年の契約継続をお申込みされる企業様も少なくなく、XPages 開発の一助になればという思いで継続してまいりました。スタート時の Notes/Domino は 8.5.2 だったと記憶しています。その後、8.5.3 でより安定した XPages 開発ができるようになり、様々な Web フレームワークとの組み合わせや XPages Extension Library の登場によるアプリケーションの拡張が容易になるなど、その時々のムーブメントにいち早く対応したコンテンツをどこよりも早くご視聴いただいているお客様に提供したいという思いから、合計で 57 のレッスン動画をこんにちまで作成するに至りました。

9.0.x のリリースで提供される XPages の機能の多くは 8.5.3 の Extension Library の製品正式サポート/日本語化であり、重複してレッスンの中で取り上げることが疑問に思えたのに加え、9.0.x に入ってからは IBM の XPages に関する新規の機能も停滞気味(安定期に入った)であることから最近は新しいレッスンのアップができずにいました。

翌年以降も視聴の購読をしたいと意思表明していただいたお客様も多々おりましたが、この度 2017 年 6 月をもって有償でのビデオトレーニング提供を終了させていただき、すべての動画コンテンツを弊社 YouTube アカウントにて公開し、自由にご覧いただこうという方針に決定いたしました。

動画をご覧いただくと、すでに 9.0.1 をお使いのお客様は少し内容が古臭くお感じになるかもしれませんが、これから XPages 開発をしたいという方には、XPages 開発がどのようなものかを雰囲気でもご理解いただけるのではないかと思います。YouTube で公開予定の動画はコミュニティの中でシェアしていただいても構いませんので、是非ご活用いただければと思います。動画は近日中に弊社 YouTube アカウントに順次アップしていきます。当然ながら、動画コンテンツ内のご質問やレッスン内で提供していたサンプルコード/サンプルデータベースの提供などはお受けできかねますので、その点だけご了承ください。