check-analyzer.png

Domino アプリケーションのアクセスおよびパフォーマンスを管理

アプリケーションの実態を管理

Domino アプリケーションのバックグラウンドプロセスを管理

check-analyzer.png

メール配信の管理

Domino セキュリティの管理

IBM スィート全体の管理

GSX Analyzer で報告機能を効率化

GSX Monitor & Analyzer の機能の概要

サービス、タスク、ディスク領域、レプリケーション、ログのスキャン、送信保留および無効メール、Domino mail.box やゲートウェイなど、環境全体をリアルタイムに表示します。

Domino アプリケーションサーバー、電子メールサーバー、Domino URL をエンドユーザーテストします。

Domino データベースのパフォーマンス、ディスク領域、データベース間やクラスタ内のレプリケーションなど、パフォーマンスの基準値(キューの秒数の基準値やワークキューの最大数の基準値)を設定して未然にアラートを送信します。

Domino アプリケーションデータベースのクォータ、利用状況、エージェント、ACL について未然にアラートを送信します。

NAB リアルタイム変更チェックや ACL 監視で Domino 環境のセキュリティを確保します。

簡単ながら強力なログファイル分析でDomino アプリケーションや電子メールサーバーのトラブルシューティングを行います。

1 日のうちのサーバー負荷のピークなど、パフォーマンス上の問題となる事象をチェックします。

シンプルながら強力なアラートシステム。SMS、ポップアップ、Tivoli への SNMP トラップ、その他のツールやプログラムを使用してアラートを送信するエスカレーションルールが設定されています。

他の Domino サーバーへのパス、Notes から Notes 以外へのメールゲートウェイ、インターネットとの間の SMTP など、メールルーティングをエンドツーエンドで監視します。

文書レベルでデータベースのレプリケーションをチェックします。各サーバーにおける文書のレプリケーション速度を記録し、障害が発生した場合はアラートとレポートを送信します。

問題解決と優先順位付けを行います。不調なサーバーを明らかにして対処するための優先順位を付けます。

パフォーマンスのトラブルシューティングをグラフ表示します。サーバー単位のパフォーマンス、容量、リソース、URL、アプリケーション、タスクの使用状況をグラフに示します。

ディスク領域を監視します。監視対象のディスクを選択してサイズを定義すると、所定の警告基準値や緊急しきい値を超えた場合にアラートが送信されるほか、データベースの利用状況やユーザーアクティビティも監視します。

トレンドおよび予測レポートを自動生成します。自動または手動で生成したサーバーのレポートを比較し、数日間、数週間、数ヵ月間の見通しを立て、キャパシティプランニングを自動的に行います。

ボトルネックを特定し一目でわかるように表示します。環境全体の KPI を算出し、アプリケーションや電子メールサーバーのパフォーマンスを比較します。環境のパフォーマンスを最適化するために重点的に取り組むべき箇所をすばやく把握できます。